Aug
21
2017

信長天下の衣服展<Vol. 03> in 博多 出展商品③

日本史で一番気になる男!といっても過言ではない織田信長。その信長をテーマに「信長が天下を取っていたら、その後の日本では どんな衣服が着られていただろうか?」という歴史的“if”に挑戦していく連続企画『信長天下の衣服展』です。
そのイベント第3弾『信長天下の衣服展 <Vol. 03> in 博多』が、リノベーションミュージアム 冷泉荘にて開催されます。最新情報は、『信長天下の衣服展〈和次元 滴や 版〉』FBページから発信しています。

《2017 SUMMER COLLECTION》の中から、温存していたラス1のゴージャスな総フリンジの【風土ローブ】も出展します。全体に細密なフリンジ加工が施されて、羽毛のような表情ながらも、シースルー素材なのです。素材の透け感が、涼しさよりも妖しさを漂わせています。冬素材のファー等と明らかに違うのは、着心地の軽さ。 他人と同じ枠内に収まり切らない個性派にはオススメのアイテムと言えるでしょう。

【風土ローブ(ニ-100)】
Material:ポリエステル 100%
Size   :一二五(L)
Price   :70000 + tax
Limited :1点
【かなめ玉・クリップ】
完売しました。ありがとうございました。