[PHOTO:マント]

マント

【和次元・滴や】の特徴的なアイテムとして、〈マント〉は外せません。

[PHOTO:マント] [PHOTO:マント]

和服で出歩くだけでも目立ってしまう御時世ですが、その上にマントを纏えば、もはや衝撃的ですらあります。 まさに肩で風切るファッションと言えるでしょう。人混みを歩けば周りが避けてくれる程の迫力があります。

この〈マント〉、はっきり申し上げますが、いちいち人目を気にしている様な気概では着こなせません。ただし、一度着てしまうと決して手放せない、そんな男の中の男のファッションアイテムです。
子供の頃に見た映画やアニメでヒーローが纏っていたのがマントです。ヨーロッパでは王侯貴族が礼装としてマントを纏っていましたから、スーツを始めフォーマルでも楽しめます。迫力も気品も倍増してくれる強力なアイテムなのです。

マントは、すべてを包み込んでしまう外套であり、コートとは明らかに違います。 例えば、荷物はマントの内側に持つ。昔の父親たちは、子供をマントの中に入れて手をつないだそうです。
これほど男らしい衣服は、他に思い浮かびません。

[PHOTO:マント] [PHOTO:マント]

マイナーチェンジを毎年繰り返して仕上がった現行のマントは【和次元・滴や】のデザインの集積であり、【滴や】自体の年表とも言えます。軍用マントまでも参考にして探求したシルエット、和服の衿元とマッチし、大きな身頃とのバランスを保つように設計した衿。両脇にポケットのように見えるのは、手を入れるためでなく、手を出すためのホール。仕立てが手間なので近頃では少ない細工ですが、そこは古式ゆかしいマントの良さを継承しています。随所に【滴や】のこだわりを詰め込んだ自信のカタチなのです。

[PHOTO:マント]

また、近年夏に発表するシースルー素材を使用して仕立てた透かしマントも、その洒落のインパクトが好評です。

ONLINE SHOP : マント / MANTLE