[PHOTO:胴着]

胴着

【和次元・滴や】を代表するアイテムは袴ですが、上半身とのコーディネートが着こなしの重要なポイントであることは言うまでもありません。
元来、袴には袴専用の小袖を着ていましたが、武士による「袴」を基準とした服飾文化が廃れたことで、現在では長着(いわゆる着物)を袴に合わせるのが一般的になってしまいました。当然ながら、袴専用の小袖(胴着)を合わせる方が、動きやすく、袴を穿いている効果はさらに大きくなります。

[PHOTO:胴着] [PHOTO:胴着]

胴着とは《士揃ヱ/SAMURAI ZOROYE》のアイテムの一つで、袴姿において上半身に纏う小袖の1種です。袴を穿いたとき、足さばきが良いように、肩から膝あたりまでの短い丈に仕上げています。 背中につけたスリットは動きやすく、衿の合わせを間違えないような工夫も施された初心者や外国人にも着やすいシンプルなデザインで、袴の機能性を追求しています。

胴着は、家庭でも手入れのしやすい素材を使用し、普段使いに最適で、男らしく無骨な雰囲気です。袴と同素材の上下揃いの胴着もあります。 また着脱できる付け衿も付属しているため、手軽に本格的なサムライスタイルが楽しめます。

[PHOTO:胴着] [PHOTO:胴着] [PHOTO:胴着]