したたり合わせ
Oct
09
2020

AUTUMN COLLECTION “廿丿拾弐”

したたり合わせ

したたり合わせ ZIPANG

格子柄ジャカード織の小袖と GOLDラメ・デニム袴とのコーディネート。
ジャカード織の小袖には、格子柄のラインの中に金色のラメ糸が織り込まれています。 一方、デニムの袴には、金ラメのグリッターを施しています。 光ってなさそうに見えて、どこかが光っている…そんな仕掛けを忍ばせた小袖と袴は、黄金色の鉱脈を目で追いかけるが如く、格子柄が楽しいコーディネートです。
格子柄の小袖の特徴は、織り柄の精緻さだけではありません。 ポリエステルと綿との絶妙なブレンドも効果的。 軽く しなやかで、シワになりにくくて、着姿に もたつきも無いのです。 特許製品である小袖の長所を最大限に活かしてくれる素材と言えます。 補正要らずでも すっきりとしたシルエット、裾のカットやポケット等の隠れた部分の細工における機能性、軽い着心地と防シワ効果など、各所で生地の特性との相乗効果が発揮されています。
格子柄の配色・大きさのバランスも良いですね。 細か過ぎる格子柄は無地感が増し、大き過ぎる格子柄は奇抜さが気になるものですが、この小袖における格子の大きさ・配色は、衣服の柄としての存在感に丁度良いのです。 個性的だが悪どく見えず、上品です。配色も日本的。袖口や裾、共衿先の装飾は、この格子柄の邪魔をせぬように、同素材の裏を使いシンプルに仕上げています。 生地の軽さを味わえる単衣仕立てで、メンテナンスも簡単。そして、肩から袖口への稜線も美しく際立っています。
また、GOLDラメの袴も、優雅な光を うっすらと返して、デニムとは思えぬ品の良さを湛えています。 粒状の金ラメをプリントするグリッター加工のデニムは、砂金を吹き付けたように 所々きらきらと輝き、少し暗めの場面では 特に優美です。 デニムなので、ヒダの陰影も くっきりと際立ち、力強い印象。荘厳な雰囲気まで漂わせるから、着まわし甲斐のある袴となるでしょう。 さらに、この袴の紐部分には、小袖と同柄のジャカード織を濃い茶系で配色した生地を使用し、小袖と袴に一体感を持たせた 紐違いのデザインにしています。 完璧なコーディネートを目指して製作した袴なので、是非 上下合わせて着ていただきたいですね。
モダンにもクラシカルにも映るコーディネートで、茶室のように仄暗い和室では 微かな灯りをまとい、いかにも日本らしい美しさを誇ることでしょう。

Coordinate with KOSODE of lattice pattern jacquard weave and HAKAMA of gold lame denim.
The jacquard woven KOSODE is woven with gold glitter yarn in the lattice pattern line. On the other hand, the denim HAKAMA is glittered with gold lame. It doesn’t look like it’s glowing, but somewhere is glowing … KOSODE and HAKAMA, which have a hidden gimmick, are a fun coordination with a lattice pattern like chasing a golden vein with your eyes.
KOSODE with a lattice pattern is characterized by its fine weaving pattern. Next, an exquisite blend of polyester and cotton is also effective. It is light and supple, hard to wrinkle, and stylish. This material makes the most of the advantages of KOSODE, a patented product. It has a synergistic effect with the characteristics of the fabric in various places such as sharp silhouette, functionality in the work of the hidden parts such as the cut of the hem and pockets, light comfort and anti-wrinkle effect.
And the balance of the color and size of the lattice pattern is good. The too fine lattice pattern looks like plain, and the too big lattice pattern looks strange. The size and color of the lattice used in KOSODE is just right for the presence of the pattern in clothes. Unique but elegant. The coloring is also Japanese. The hidden part is simply decorated with the same material lining. You can enjoy the lightness of the fabric in the single layer, so it is easy to maintain. The silhouette from the shoulders to the cuffs also stands out beautifully.
On the other hand, GOLD lame HAKAMA gives a faint elegant light, and has a good quality that cannot be expected of denim. The glitter denim with a granular gold lame print sparkles here and there like gold dust, and it is especially elegant in a slightly dark scene. Since this item is made of denim, the shadow of the folds stands out clearly, giving it a strong impression. It has a solemn atmosphere, so it will be a HAKAMA you want to wear a lot. In addition, the belt part of HAKAMA is made of a dark brown colored fabric of jacquard weave with the same pattern as KOSODE, giving a sense of unity to KOSODE and HAKAMA. HAKAMA is made with the aim of perfect coordination, so you should wear it with top and bottom.
It looks modern and classical. It has a subtle light in a dark space like a tea-ceremony house. It has a Japanese beauty.

《2020 AUTUMN COLLECTION》

【したたり 袴】
No.IIA0936
Material〈本体〉綿 100%
〈紐〉ポリエステル 65%,綿 35%
Size八五(33),九五(37)
Price40000
Limited2点
  ONLINE SHOP
【したたり 小袖】
No.ROA0303
Materialポリエステル 65%,綿 35%
Size七〇(M),七三(L),七七(2L)
Price42000
Limited3点
  ONLINE SHOP
twitter facebook