風土ローブ
Oct
05
2020

AUTUMN COLLECTION “廿丿零捌”

風土ローブ

風土ローブ OIL-COATING・紫

絹の混紡素材にオイルコーティングを施した、紫と格子柄がアバンギャルドな風土ローブ。
《和服パーカー》というワードでも検索していただいている 風土ローブは、立体的なフードと風に遊ぶ大きな袖とが相まって、流れるようなシルエットを生み出します。 東洋的な優雅さと、底知れない迫力を同時に感じさせるようにと、デザインしたアイテムです。
この風土ローブは、羽織の代わりとして使える、比較的薄手で軽いアウターに仕上げています。 素材には、シルクとポリエステルの混紡に、オイルコーティングした珍しいテキスタイルを採用。わざわざシルクを混紡した力作は、独特に浮き上がる格子柄も織りと染めを掛け合わせて構成されています。 滑りの良い素材なので、軽さを求めて単衣仕立てにしていますが、袖口部分とフード裏には形状記憶素材を合わせており、膨らみや流れがシルエットに更なる美しさを加えることでしょう。
底光りする光沢や、紫にグリーンを配した 少し奇抜な色使いによって、妖しげな迫力が引き出されています。 アニメ化された時の敵役の和装のようなインパクトを湛えています。

The oil coated silk blend HOODROBE has an avant-garde purple and lattice pattern.
HOODROBE combines a three-dimensional hood with wind-flapping large sleeves to create a flowing silhouette. This is an item designed by fusing Oriental elegance and a powerful presence.
This HOODROBE is made into a relatively thin and light outer like Haori. The fabric is a blend of silk and polyester with oil coating, a rare textile. This silk blend fabric is made of a combination of weaving and dyeing techniques, giving it a unique look with a raised lattice pattern. Since the material is slippery, it was made into a single layer for lightness. However, the cuffs and the lining of the hood are combined with shape-memory material, so the bulge and flow that appears in the silhouette adds to the beauty.
The deep luster and the slightly eccentric use of purple and green brings out the mysterious power. It has an impact like an old enemy of anime.

《2020 AUTUMN COLLECTION》

【風土ローブ】
No.NIA0177
Material〈表〉絹 50%,ポリエステル 50%
〈部分〉ポリエステル 79%,綿 21%
Size一二五(フリー)
Price75000
Limited2点
  ONLINE SHOP
twitter facebook