May
22
2018

本革袴『 暁 』

Real Leather Hakama “Akatsuki”

こちらは 本革の〈したたり袴〉です。モノがモノだけに、イベント等へも なかなか出展できず、ほとんど人目に触れておりません。時折 噂を聞きつけた方にのみ 京都店にて ご紹介してきた作品です。

本革の袴と簡単に申しましても、たくさんのヒダをたたんで作られる袴には相当な大きさの革が必要な上、革を継接ぎにすると美しいドレープは得られないのです。設計上、革の伸び具合と継ぎ接ぎしないことを考えると小さい牛の革では作れず、片足ずつにそれぞれ巨大な1枚革を2枚、加えて紐部分に長い1枚革を他に1枚必要とし、袴1枚当たり特大サイズの牛の革が計1.5頭分必要でした。そのような滴やの求める色、大きさの革が複数枚が存在するはずもなく、巨大な牛の毛のついた状態の生の表皮が複数枚揃うのを待つことから始まり、皮をなめし、何度もの染め、部分ごとに違う厚みを求めて裁断と漉きの作業を交互に繰り返すこと等の長い行程を経て、袴の素材となる本革は完成しました。さらに問題は素材だけにとどまらず、縫製においても革の袴を仕立てられる職人さんは皆無なので、革職人さんと滴やがタッグを組み、泊まり込みでの仕立て作業により、ようやく作品が完成した訳です。

特に この本革袴『 暁 』は、何度もの染めを繰り返した色出しに苦労した作品で、この黒に 皮本来の個性を活かした赤いムラが映える妖しげな色が特徴です。注目すべきは腰板部分で、はっきりとした赤いムラを、わざと一番に目を引く腰板に模様として配置し、袴全体のアクセントにしています。腰板は最も細かい仕事を要する部分で、職人の丁寧な技が詰まっています。また、後ろの紐は野趣あふれる厚めの革の1枚仕立てにし、裏革の鮮やかな赤を利用することで、紐を結ぶことや捻ることで赤を見せて着こなしに遊びを生むためです。言うまでもなく、全体に浮かぶ赤いムラや断ち切りの裾、うねるヒダも底知れぬ迫力を醸し出してくれる逸品に仕上がっています。

【本革したたり袴】
No.    :A0749
Material:牛革 100%
Size   :M~2Lの範囲にお仕立て
Price   : 480000 + tax
Limited :1点

《”secret”和地袢プレゼントキャンペーン》実施中❗️
5/15(火)〜31(木)の期間限定・70000円(税抜)以上お買い上げの方全員に 店主の装造師・宗裕が素材を新たに選りすぐり、制作するシークレット和地袢(14000円相当)をプレゼントします!