Mar
26
2018

御礼! 和次元 滴や 13周年

ありがとうございます!

〈和次元 滴や〉は、本日 14年目の春を迎えました。月日の経つのは早いもので、京都・御所南での開店より13周年を過ぎ、 「史蹟・山紫水明処」の隣りに店を移してからも 5年の月日が経とうとしております。
開店より 『男が纏う、日本の服。』をコンセプトに、当店独自の新しい和服の開発だけを ひたすら進めてまいりました。
季節ごとのコレクション『FOUR SEASONS ~滴や 装い拓き~』も すっかり定着し、「毎回の発表を楽しみにしている」とのお声もいただき、心強く感じております。
また、昨年にはオンラインショップが開設しました。《HAKAMA-SHIKI/袴式和服》が、より身近なアイテムとして、様々なシーンで活用していただける機会になれば、嬉しい限りです。
これも偏に、楽しみにしていただいているユーザーの皆様が在ってのことと、感謝の気持ちでいっぱいです。 誠に ありがとうございます。
これからも、脇目を振らず《HAKAMA-SHIKI/袴式和服》を追求してまいる所存です。 引き続き、ご愛顧いただければ、無上の喜びです。 今後とも 宜しくお願い申し上げます。

店主  宗裕

2018 SPRING COLLECTION
拾捌丿拾- FSPC18-10 -【薄墨調・透かし風土ローブ】
こちらの商品は、すでに完売しておりますが、潔さと儚さが相半ばする印象の、透け感が美しいと大好評の風土ローブです。
かすれたグラデーションで表現される太い縦縞と、細かな幾何学紋様による細い縦縞が、間隔を空けて走っている透かしの効いた白い生地は、薄墨で描かれた作品のようでした。