Jan
15
2018

下 駄 / GETA

白塗り右近 と 一本歯下駄

こちらのジャーナルでは、袴と小袖の【したたり】コーディネートや、マント・二重廻しコートなどの【外套 (がいとう)】が中心の掲載で、周辺アイテムのご紹介が不十分なので、今回は 変わり種の【下駄】を 2種ご紹介したいと思います。なお、〈和次元 滴や〉の【下駄】は、すべて1点ものなので、誰かと同じような履き物では満足できないという、こだわりの強い方にモッテコイな仕上がりになっております。鼻緒の素材だけでなく 前ツボや裏の色にもこだわり、職人さんが1点ずつ仕立てた鼻緒を 個性的な台にスゲてある、いかにもメイドインジャパンな下駄なのです。

今回紹介する【下駄】は、限定1点の真っ白な特注配色の台に、紺の染め柄の白い鼻緒(先ツボは赤)をスゲた履きやすい右近型と、地味に人気のある一本歯の台に、赤の染め柄の白い鼻緒(先ツボは赤)をスゲた物の2点です。履き心地の良さとインパクトのある白塗り右近、無骨さを滲ませながら 赤い鼻緒で洒落も効かせた一本歯と、個性派が揃いました。丁寧に誂えた印象的な鼻緒をスゲた下駄は、健康的で男らしい日本の履き物なのです。

【下駄(No.リ-025等)】
Material:桐、朴など
Price   :17000 + tax 〜
Limited   :どちらも 1点