したたり

したたり

〈着物〉を、カッコ良いと思いますか?

花火大会の浴衣や観光地でのレンタル着物などを着ている人の中で、胸がはだけ、裾が広がった〈着物〉姿の若者を見る機会があります。また、その光景に顔をしかめる年配者や〈着物〉を着られる人たちも見受けられますが、着付教室で複雑な技術を習ったり、特殊な装具で体形を補正すれば良いのでしょうか…。そもそも自国の民族衣装を着るために月謝を支払わねばならない国は他に無いでしょう。

したたり

〈着物〉をより縁遠いものにしている原因のひとつとして《自分の体型や個性を殺してまで、〈着物〉の方に合わせる》という本来ならありえない常識や、《〈着物〉は、着付けを習わないと着られない、着てはいけない》という風潮にあるのではないでしょうか。

食生活の欧米化に伴い、日本人の体格は全般的に大きく変化しました。特に男性の場合、着物の反物(たんもの)の幅では寸法に足りないことも多く、手足の長さが伸びてバランスも大きく変わった若者の体型に、もはや昔ながらの寸法の〈着物〉では釣り合わないのです。

したたり

【和次元 滴や】では、無理のない着付けと快適な着心地、着る人を便利にする工夫と機能性を重視した《和服》を開発してきました。
中でも【 したたり 】は、すっきりと見せながらも優雅な着姿を演出してくれる現代的なシルエットを至上命題とした、まったく新しい〈袴式和服〉のレーベルであり、ユーザーが着たときにカッコ良さが完成するよう、現代人の体型に合わせた設計をしています。

活動的で末広がりのシルエットが優雅な〈袴〉と、すっきりとしながらも美しい〈小袖〉を主軸として構成され、快適な着心地を実現する機能性の追求に加え、たたみ易さなどの《和服》本来の長所を考慮しながら、理想の袴姿を追求しています。

したたり

厳選した素材と独創的なデザインで《和服》のカッコ良さを詰め込んだカタチが、【 したたり 】なのです。