Feb
09
2017

『信長天下の衣服展』出展商品①

日本史で一番気になる男!といっても過言ではない織田信長。その信長をテーマに「信長が天下を取っていたら、その後の日本では どんな衣服が着られていただろうか?」という歴史的“if”に挑戦していく連続企画が、『信長天下の衣服展』です。
『信長天下の衣服展〈和次元 滴や 版〉』FBページから最新情報を発信します。

那古野城は信長が2歳で城主になったとされる本拠地。そのすぐ近く、那古野のギャラリーにて、第1回目のイベントを開催します!
今回は、イベント第1弾【信長天下の衣服展 <Vol. 01> in 名古屋】に出展する商品を一部ご紹介します。
巻き毛のプードル・ボアが独創的な【陣パーカ】と、黒檀、貝モザイク、陶器などで作った【かなめ玉/クリップ】とのコーディネートです。色が青みがかったチャコールグレーなので、クルクルとかわいらしい風合いが 返って妖しさを醸し出しています。内側の濃紺の皮革っぽい表情も強烈です。
また【かなめ玉】は、朴訥として男らしい大玉を使ったクリップなど、どれも1点ものばかりですが 上品でクセがなく合わせやすい秀作が揃います。

【陣パーカ(No.ニ-044)】
Material:ポリエステル 100%
Size  :一一三(フリー)
Price   :50000 + tax

【かなめ玉/クリップ(No.H-139)】
Material:黒檀、貝細工、陶器など
Price   :5000 + tax 〜