Feb
01
2017

『信長天下の衣服展』始動

日本史で一番気になる男!といっても過言ではない織田信長。その信長をテーマに「信長が天下を取っていたら、その後の日本ではどんな衣服が着られていただろうか?」という歴史的“if”に挑戦していく連続企画【信長天下の衣服展】が始まります。

日本が違う歴史を歩んだとしていたら…。信長の天下統一後の日本は、どの様に服飾文化を発展させていたでしょうか?
衣服・服飾の歴史は、過去の偉人たちの影響を大いに受け、様々な異文化との化学反応を繰り返す事で発展してきました。例えば、現在では和服の下に着る肌着である「襦袢」も、元々は「ジバゥン」というポルトガル語でした。「襦袢」の呼び名1つからでも分かる様に、衣服とは時代背景や世界情勢の影響をもろに受けながら発展していくのが宿命です。

そこで、織田信長なのです!信長ほどの強烈な感性により統一がなされた時代を経た後には、今とは大きく異なる服飾文化が花開いているであろう事を、誰でも容易に想像できるのではないでしょうか?その「信長による天下統一を経た未来の世界」に想像を膨らませて、仮想「未来の信長世界」の衣服を作り上げていこう!という壮大な企画が、今回の【信長天下の衣服展】なのです。

ただし、お断りしておきますが、この企画は「信長時代の衣服の復刻」を目指している訳ではありません(それは博物館の分野です)。この企画が目指すのは、あくまで「信長の天下統一を経た未来における衣服」の想像と創造です。当然、1回目から完成している筈もありませんから、連続企画と謳っています。和服愛好家や袴好きのみならず、歴史・武将ファンにも興味を持っていただける様な、仮想「信長天下の衣服」作りを重ねることが出来れば、本当にまだ見ぬ服飾文化が生まれてくるのではないだろうか……そんな期待すら抱かせてくれる、夢ある連続企画なわけです。
この企画には、着る者と作る者の想像こそが絶対に必要です。企画の性質上、限定品や参考商品、見本などが増えてくるかも知れませんが、イベントでは販売もいたします。着られない衣服はリアルにはならないからです。空想から生まれた商品も、着られる事でリアルさを増し、さらなる想像を呼び込んでくれるでしょう。

【信長天下の衣服展】は、《和次元 滴や》のみで推進する企画ではありません。参加する他のブランドと切磋琢磨しながら各々の「信長ブランド」を磨いていくことになります。【信長天下の衣服展】始動に伴い、企画に対する商品やコーディネートを専門に発信する場として、Facebookページを開設いたしました。滴や版の「信長ブランド」の誕生と成長に ご期待ください。
【信長天下の衣服展〈和次元 滴や 版〉】ページ
https://www.facebook.com/shizukuya.NOBUNAGA/

※ イベント【信長天下の衣服展】の第1弾も開催が決定しております。
日時、場所、参加ブランド等の詳細は、EVENT情報として 後日改めて投稿いたします。