Jan
27
2017

和慈羽袖/WAZI-HASODE 特許登録

出願しておりました【和慈羽袖/WAZI-HASODE】が 特許として登録されました。名実ともに《和次元 滴や》にしか存在しない羽織が誕生したことになります。
【和慈羽袖】とは《滴や》が和服の世界観をさらに増幅させるべく設計した新型の羽織です。新型の羽織と申しましても、通常の羽織と比べると洒落でも機能でも格段に振り幅が広く、まったく別次元の羽織り物に仕上がっております。
プレーンな状態では、大きな羽の様な袖を持つ羽織の形状ですが、ボタンを外して大きな袖を肩に掛けることで、様々な表情を見せてくれます。
まず、シンプルに羽織として。次に、羽袖をショールのように逆側の肩(首)に回すことでマント風に(この場合でも右袖を左肩へ、左袖を右肩へ、両袖を交差…と様々)。さらに、羽袖をまくり、袖無し羽織のように(この場合は右袖は右肩、左袖は左肩へ)と多彩です。
大きな袖が左右に流れ、あるいは身体をゆったり包み込むことで、生地の素材感と相まって、平安貴族のような優雅さ、遊牧民のような異国情緒、修験者のような厳かさ…と演出される世界観の幅が広がります。まさに雰囲気自体を纏うアイテムなのです。ポケットも付くなど、細部にまで工夫された機能性と、変幻自在な使い勝手が評判を呼び、どこにもない羽織に仕上がっているのです。
過去のコレクションでも ご注目いただきましたが、【和慈羽袖】の さらなる進化に、引き続き ご期待いただければ嬉しい限りです。